に投稿

胡蝶蘭のブーケが新鮮!おすすめポイントと活用のシーンをご紹介

鉢植えやスタンドフラワーとしてのイメージが強い胡蝶蘭。

そんな胡蝶蘭は、実はブーケにアレンジすることもでき、今までには感じたことのなかった、新鮮さ・ナチュラルさ・華やかな印象に、ココロまでもが明るい気分になれます。

お祝い事や特別なイベントにこそ、胡蝶蘭が多く使われている中、今回は、ブーケにアレンジした胡蝶蘭のおすすめポイント、活用できるシチュエーションの数々についてわかりやすくご紹介していきます!

胡蝶蘭のブーケが新鮮♪おすすめの理由3選とは?

幅広い年代の女性はもちろん、男性から見ても、優雅で清潔感、高貴なイメージがある胡蝶蘭。

ブーケに胡蝶蘭をプラスしてアレンジすることは、実は意外にも知られていなかったメリット・明るい気持ちになれる、たくさんのヒミツが隠されているんです。

ここからはさっそく、胡蝶蘭を使ったブーケの魅力・おすすめのポイント3選についてご紹介しましょう♪

カラーが豊富だから好みのアレンジに仕上がる

胡蝶蘭といえば、ピュアなホワイト・やさしいイメージのピンクカラーが一般的で、多く知られているカラーなのではないでしょうか?

実は胡蝶蘭には、このカラー以外にも、イエローや深みのあるグリーン系の品種もラインナップされていて、ネット通販や店舗では、レアで貴重なブルーの胡蝶蘭を取り扱っているケースもめずらしくはないんです。

そんな胡蝶蘭は、品種とカラーが豊富なので、ブーケを使うシチュエーションをイメージしながら、目的やその場の雰囲気に合わせて、ベストなテイスト・デザインにアレンジすることができるのです♪

胡蝶蘭は1年を通して手に入りやすい

日々のお手入れを習慣にしていると、半年以上もその鮮やかで上品なカラーを維持することができる胡蝶蘭。

ブーケに使われる生花は、その季節や時期によって、使用できる品種が限られてしまうデメリットがあるんです。

ですが胡蝶蘭の場合は、1年を通して安定して供給がある品種となっているため、好きなタイミングで目的やシチュエーションい合わせた商品を時短で選べて、入手しやすく、他の生花でアレンジしたブーケよりも、長期間上質さをキープできるメリットがあります。

胡蝶蘭のブーケは結婚式にも最適

たくさんのシチュエーションにて活用でき、とても利用価値が高い胡蝶蘭。

ここ何年かでは、胡蝶蘭の花言葉や上品なカラー、見た目への注目度が高まり、結婚式専用のブーケとしても数多く取り入れられるようになっています。

胡蝶蘭には、「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」「あなたを愛します」といった、ブライダルにふさわしい花言葉が数多く秘められているため、一生に一度のステキなイベントを、魅力の花言葉とともに大切に迎えることができます。

胡蝶蘭のブーケにはたくさんのデザインがある♪

胡蝶蘭を使った新鮮味のあるブーケは、お花のカラーとそのほかの品種を指定しながら、ブーケの種類によって、そのテイストをグンと引き立てることができるんです。

これから胡蝶蘭のブーケを作ったり、ネット通販や店舗にてブーケを購入する予定があるあなたは、胡蝶蘭ブーケの種類についてもぜひ参考にしてくださいね。

ボール

胡蝶蘭と、ブーケに使うその他のお花を丸く、ボール状にしたブーケのことをいいます。

お花のすべてをボール状にアレンジし、持ち手を付けるタイプとなっているので、ありのままの状態でプレゼントできたり、ウェディングドレスや和装のコーディネートを引き立てる、ポイントのアイテムとしても活用することができますよ。

キャスケード

お花全体が、上から下へ流れるようにアレンジした、縦長のブーケとなっています。

高さや長さがある胡蝶蘭を、このキャスケードに活用すると、ブーケ全体に立体感が出て、他のブーケアレンジよりも豪華で大人っぽい雰囲気に仕上げることができます。

キャスケードは、立体感と高さ、胡蝶蘭の花びらが上から下へ、舞い落ちるような印象に仕上がることで、ウエディングブーケとしてはもちろん、イベント会場を引き立てるアイテムとしても活用することができるでしょう。

ティアドロップ

数多くある胡蝶蘭ブーケのテイストの中でも、女性に圧倒的な人気を集めているティアドロップ。

涙のカタチをさかさまにしたようなブーケの種類となり、キュートでピュア、ナチュラルな印象を与えることができます。

一般的なブーケのテイストよりも、めずらしく可愛らしい印象なので、敬老の日や大切な家族のバースデープレゼントなど、身近な人へのギフトにもピッタリのブーケとなっています。

クラッチ

胡蝶蘭をはじめ、ブーケに使うお花を、細かなアレンジなどはせずに、ありのままに束ねる種類として知られています。

お花をアレンジしないことで、胡蝶蘭や他の品種それぞれの魅力を引き立てつつも、新鮮でピュアな印象に整えることができます。

そのため、新規店舗の開店祝いに飾るものや、上司や先輩など、目上の方に贈るギフトとしても選ばれることが多くなっていますよ。

胡蝶蘭ブーケの相場・活用できるシーンは?

高級で長期間上質さをキープできる胡蝶蘭なので、ブーケアレンジにもそれなりのコストがかかるのでは?と、イメージしている人が多いことでしょう。

最後に、胡蝶蘭ブーケの気になる相場、活用できるおすすめのシチュエーションについてまとめてチェックしてみましょう♪

胡蝶蘭を使ったブーケはどのくらいで買える?

胡蝶蘭は、大輪の場合はとても高価な商品もあるのですが、ブーケに使う生花の場合は、マイクロ・ミクロといった細かな商品も多数ラインナップされていて、切り花のみでは3,000円~5,000円程度と、比較的リーズナブルに購入することができます。

胡蝶蘭をブーケに使う場合は、使用量や他の品種とのバランスによって変わってくることがあるものの、10,000円~20,000円前後が一般的な相場となっています。

店舗にて胡蝶蘭のブーケを作ってもらう際には、予算を伝えつつ、どんな仕上がりになるのか、大まかなサイズや高さ、カラーなどがイメージできるよう、店員さんとの相談も欠かさないようにしてくださいね。

胡蝶蘭のブーケが活躍するシチュエーション

胡蝶蘭のブーケは、贈る相手をイメージしたり、目的やシチュエーションと、胡蝶蘭の魅力ある花言葉をリンクさせていくことも重要なポイントになります。

ここでは、シチュエーション別におすすめの胡蝶蘭のカラー、ブーケのポイントについてまとめてチェックしてみましょう♪

  • ホワイトカラーの胡蝶蘭ブーケ:オールマイティなシーンに活用できる。ブライダルでは定番となっていることが多い
  • ピンクの胡蝶蘭ブーケ:秘められた花言葉から、愛を告白したり、大切な人との絆を深めたいシチュエーション(クリスマスや相手のバースデー)などにおすすめ
  • イエローカラーの胡蝶蘭ブーケ:鮮やかなイエローカラーが、気持ちを元気にするメリットがあるため、開店祝いや引っ越し祝い、合格祝いなどのおめでたいシーンにおすすめ

胡蝶蘭のブーケを大切なシチュエーションで活用する際には、目的と花言葉がマッチしているかどうかも、あなたのセンスをアピールするポイントになりますよ。

~おわりに~

胡蝶蘭のブーケについて改めて見直してみると、ますます胡蝶蘭に魅力にココロが湧きたつようですね♪

胡蝶蘭によく合い、引き立ててくれるようなお花を選びながら、魅力的なブーケに仕上げ、大切・特別なシチュエーションを忘れられない思い出に変えられたら、それはとてもステキなことですね!