に投稿

胡蝶蘭にはオレンジが?珍しい色の胡蝶蘭はどんなときに贈る?

さまざまなお祝いで選ばれる花といえば胡蝶蘭。白が一般的ですが、実はオレンジの胡蝶蘭もあることを知っていましたか?

オレンジは珍しいので見たことがないという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな魅力的なオレンジの胡蝶蘭についてご紹介していきます。

1. 珍しいオレンジの胡蝶蘭!

オレンジの胡蝶蘭を見たことがありますか?見たことがない人の方が多いのではないでしょうか。それもそのはず、贈り物として贈られる胡蝶蘭の80%程度が「白」で、残り20%もピンクや赤リップの胡蝶蘭を選ぶことが多いからです。

オレンジの胡蝶蘭といえば「パプリカ」・「オレンジエレガンス」といった種類が有名です。

「オレンジエレガンス」は特殊な染色液を胡蝶蘭が吸い上げ染色された胡蝶蘭です。他にも花びらに色を後からつけるといった染色方法もありますが、色をつけることによって長持ちしないなんてことはないので白の胡蝶蘭と同じように、長い間花を楽しむことができます

2. オレンジの胡蝶蘭に込められた意味

白は「清純」、ピンクや赤は「あなたを愛します」といった、色特有の花言葉を持っていますが、オレンジの胡蝶蘭には特別な花言葉はあるのでしょうか。

2-1. オレンジは特有の花言葉はないので贈答用に贈りやすい!

オレンジの胡蝶蘭はまだ珍しく新種のため、色特有の花言葉はありません。花言葉がないので、どんなお祝いのシーンでも贈りやすい胡蝶蘭です。

ピンクだと可愛い印象がありますが、オレンジであれば華やかさは残りますが甘さが抑えられるというメリットがあります。また赤だと情熱的すぎるといったシーンでも、オレンジであれば温かみはありますが、柔らかくぬくもりを感じる色なので、エネルギーもあり優しい印象を与えることができます。

2-2. 胡蝶蘭の共通の花言葉「幸せを運んでくる」「純粋な愛」

すべての胡蝶蘭に共通する花言葉には「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」などがあります。つまりどの色の胡蝶蘭でも、縁起の良い花言葉が含まれているんです。

珍しい色の胡蝶蘭には、まだ色特有の花言葉がないものがあります。冠婚葬祭やビジネスシーンなど少し堅苦しい場合を除き、親しい人へのお祝いのときには、相手が好きな色の胡蝶蘭を贈るのもいいかもしれませんね。

胡蝶蘭の花言葉は「純粋な愛」だけじゃない!色による違いとシーン別の選び方を紹介

3. オレンジの胡蝶蘭はどんなシーンに最適?

どんなお祝いにもふさわしいといわれていてもマナーを守って胡蝶蘭を贈りたいものです。珍しいオレンジの胡蝶蘭はどんなお祝いで贈るのがいいのでしょうか。

3-1. 開業・開店祝いや周年記念などのお祝い事

オレンジの胡蝶蘭は開業・開店祝いや周年記念などのお祝いに適しています。ビジネスシーンでは「白」の胡蝶蘭の方が失敗は少ないとはいわれていますが、贈る相手の好みのカラーがオレンジと知っている場合や、企業のイメージカラーがオレンジといった場合はオレンジの胡蝶蘭を贈れば喜ばれることでしょう。

開業・開店祝い、移転祝いのときには、赤は火事や赤字を連想させるためNGとされています。オレンジの胡蝶蘭であれば、失礼にはあたりません。

3-2. 母の日や父の日、敬老感謝の日など家族へのお祝い

オレンジの胡蝶蘭は家族へのお祝いにもぴったりです。母の日や父の日、敬老感謝の日、誕生日など特別なお祝いに珍しいオレンジの胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭というと大きなサイズを考えてしまいがちですが、胡蝶蘭にはさまざまなサイズがあるので、置く場所に合わせて小さめの胡蝶蘭を選ぶこともできますよ。

3-3. 新築祝いや昇進祝いなどの友人へのお祝い

オレンジの胡蝶蘭はぬくもりを感じられる色なので、友人へのお祝いにもおすすめ。遠方でなかなか会えない友人の新築祝いや昇進祝いなどにも喜ばれます。

自宅に直接持っていくときは、鉢ではなく花束の胡蝶蘭もおすすめですよ。

まとめ

開業・開店祝いなどのビジネスシーンや冠婚葬祭、家族や友人のお祝い事までどんなときにもぴったりの胡蝶蘭。定番の白も素敵ですが、相手のイメージに合わせてカラーを選んでみてはいかがでしょうか。