に投稿

胡蝶蘭の定番といえば白!白い胡蝶蘭に込められた意味とは?

胡蝶蘭といえば「白」。といっても過言ではないくらい胡蝶蘭は白い色のイメージがありますよね。ひまわりといえば「黄」というくらい当たり前のイメージかもしれません。

しかし、最近は赤やピンクなどを始め、さまざまな色の胡蝶蘭を目にすることが多くなってきました。

色によって少しずつ意味が変化する胡蝶蘭。この記事では胡蝶蘭の白に込められた意味を知っておきましょう!

1. 白の胡蝶蘭に込められた意味

胡蝶蘭は蝶が舞っているように見えることからその名がつけられたともいわれています。

入学式や卒業式、結婚式、開店祝い、創業祝いなどさまざまなシーンで見る白の胡蝶蘭。どのような意味が込められているのでしょうか。

1-1. 白の胡蝶蘭の花言葉「清純」

白の胡蝶蘭には「清純」という花言葉があります。「清純」という言葉がぴったりの透き通るような白は、結婚式の白無垢やウエディングドレスを思わせることから、結婚式のお祝いに選ばれることも多くあります。胡蝶蘭は花が安定して長持ちであることから、幸福も安定するという意味も込められているのです。

胡蝶蘭の花言葉は「純粋な愛」だけじゃない!色による違いとシーン別の選び方を紹介

1-2. 胡蝶蘭の共通の花言葉「幸せを運んでくる」「純粋な愛」

すべての胡蝶蘭に共通する花言葉には「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」などがあります。つまりどの色の胡蝶蘭でも、縁起の良い花言葉が含まれているんです。

珍しい色の胡蝶蘭には、まだ色特有の花言葉がないものがあります。冠婚葬祭やビジネスシーンなど少し堅苦しい場合を除き、親しい人へのお祝いのときには、相手が好きな色の胡蝶蘭を贈るのもいいかもしれませんね。

2. 白の胡蝶蘭はどんなシーンでも最適!

迷ったら白の胡蝶蘭といってもいいくらい、どんなシーンでも優秀な「白」。実際にはどのようなシーンで贈られているのでしょうか。

2-1. 開業・開店祝いや周年記念などのお祝い事

開業や開店祝いとして入口に華やかなお花が並んでいるのは、多くの方が見たことがあるのではないでしょうか。白の胡蝶蘭は上でもお伝えしたように、縁起の良いお花なので、ビジネスシーンで定番の贈り物として人気が高いんです。

また○周年記念といった式典が開かれるようなときにも白の胡蝶蘭はピッタリ。清潔感や誠実な印象が重要なビジネスシーンには、白の胡蝶蘭は相性が良いのです。

ちなみにお花を贈る時につける立て札には、贈り主の名前を書くのが一般的ですが、開業や開店祝いの際は、相手の企業名や店名を記載するのも喜ばれます。なぜなら、会社やお店の名前を見た人に覚えてもらいやすくなるためです!

2-2. 母の日や父の日、敬老感謝の日など家族へのお祝い

母の日にはカーネーションを贈るイメージを強く持たれている方も多いですが、実は白の胡蝶蘭も縁起が良く華やかなので、人気のある贈り物なんですよ。年齢や性別に関わらずお祝いのお花として贈りやすいので、父の日、敬老感謝の日、結婚記念日など、家族のお祝いにおすすめです。

胡蝶蘭は大きいイメージがあるので、家に置く場所がないと思ってしまいますが、実はサイズもさまざまなので、家庭用に小さめの胡蝶蘭を選ぶこともできます。

2-3. 新築祝いや昇進祝いなどの友人へのお祝い

冠婚葬祭のみならず、友人のお祝い事にも白の胡蝶蘭は喜ばれます。新築祝いや昇進祝いにもおすすめです。忙しく直接お祝いできない、遠方でなかなか会えないといったときには、友人へ胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

2-4. プロポーズやウエディングなどのセレモニー

結婚式にはもちろんのこと、プロポーズのときにも活躍する胡蝶蘭。

「あなたを愛します」という花言葉もあるので、ブーケに入れて想いを伝えるのもロマンチックなシチュエーションにピッタリです。

まとめ

白の胡蝶蘭はどんなお祝いでも万能です。年齢も性別もシーンも選ぶことなく贈れる白の胡蝶蘭は、お祝いの花で迷ったときの強い味方です。ビジネスシーンでは立て札に気を使い、家庭に贈るときはサイズに注意して胡蝶蘭を選んでくださいね。

この記事を見た人はこちらの記事も見ています

胡蝶蘭にはオレンジが?珍しい色の胡蝶蘭はどんなときに贈る?

おしゃれな胡蝶蘭、赤リップ!どんな胡蝶蘭?花言葉はあるの?

胡蝶蘭の赤にはどんな意味が込められている?おすすめのお祝いシーンもご紹介

可愛らしいピンクの胡蝶蘭はどんなシーンと相性がいい?