に投稿

可愛らしいピンクの胡蝶蘭はどんなシーンと相性がいい?

胡蝶蘭といえば、白くてたくさん花がついたものが定番ですが、最近ではピンクやレッドなど色がついた胡蝶蘭も増えてきています。実は胡蝶蘭は色によって少し花言葉が違うのです。

今日はピンクの胡蝶蘭に込められた意味と、ピンクの胡蝶蘭がぴったりのシーンをご紹介していきます。

1. ピンクの胡蝶蘭に込められた意味

胡蝶蘭を購入しようとインターネットなどを見ていると、最近は白だけではなくさまざまなカラーがあるのが目に入りますよね。ピンクの胡蝶蘭にはどのような意味が込められているのでしょうか。

1-1. レッド・ピンクの胡蝶蘭の花言葉「あなたを愛します」

レッド・ピンクの胡蝶蘭には特別な花言葉が!「あなたを愛します」という意味があるのです。つまり愛情を伝えるときにぴったりの色なのです。さまざまな愛を伝えることができる胡蝶蘭として注目を集めています。

1-2. 胡蝶蘭の共通の花言葉「幸せを運んでくる」「純粋な愛」

すべての胡蝶蘭に共通する花言葉には「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」などがあります。つまりどの色の胡蝶蘭でも、縁起の良い花言葉が含まれているんです。

珍しい色の胡蝶蘭には、まだ色特有の花言葉がないものがあります。冠婚葬祭やビジネスシーンなど少し堅苦しい場合を除き、親しい人へのお祝いのときには、相手が好きな色の胡蝶蘭を贈るのもいいかもしれませんね。

胡蝶蘭の花言葉は「純粋な愛」だけじゃない!色による違いとシーン別の選び方を紹介

2. ピンクの胡蝶蘭はどんなシーンに最適?

ピンクの胡蝶蘭だけにある「あなたを愛します」という花言葉を活かしてプレゼントするのがおすすめです。実際にどのようなシーンに向いているのか、ピンク単色の場合とピンクと白を組み合わせた場合にわけてご紹介します。

2-1. ピンク 単色の場合

母の日や父の日、敬老感謝の日など家族へのお祝い

ピンクの胡蝶蘭は、さまざまな愛を伝えることができるので、家族へのお祝いにもぴったり。母の日や父の日は定番のお花がありますが、たまには雰囲気を変えたいなと思ったときに、ピンクの胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭は長持ちなので2~3カ月楽しむことができますよ。サイズも3本立て、5本立てと本数を選ぶこともできますし、ミニ胡蝶蘭など小さなタイプもあるので、置く場所に合わせて贈る胡蝶蘭のサイズを決めることができます。

プロポーズやウエディングなどのセレモニー

「愛」を伝えたい場面といえば、プロポーズやウエディングのシーン。鉢植えのイメージがある胡蝶蘭ですが、実は花束にしてもとても素敵なのです。

プロポーズのときはもちろんのこと、ウエディングドレスにピンクの胡蝶蘭のブーケは映えますよ。

女性への贈り物として

プロポーズではなくても、大切に思っている女性への贈り物としてピンクの胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭はたくさん花をつけることから子孫繁栄を願う意味もあるので、ピンクの胡蝶蘭は出産祝いにもぴったりです。

2-2. ピンクx白 紅白の場合はどんなお祝いでも人気!

真っ白な胡蝶蘭も素敵ですが、ピンクと白がミックスされた紅白の胡蝶蘭は、開業・開店のお祝いや○周年記念など、どんなお祝い事にも人気です。

「紅白」だとなぜ縁起がいいのかご存知ですか?

縁起がいいとされている理由は諸説ありますが、「赤」が赤ちゃん、「白」が死や別れ、死に装束などを意味しており、人の一生つまり「人生」を現わしているからといわれています。また、正月・節句・盆・冠婚葬祭といった特別な日、つまりハレの舞台では赤飯や餅を食べることから、縁起がいいともいわれています。

ハレの舞台には、定番の白の胡蝶蘭も素敵ですが、紅白の胡蝶蘭を贈るのも特別な気持ちが伝わるかもしれませんね。

まとめ

胡蝶蘭のピンクには「あなたを愛します」という特別な花言葉があります。大切なパートナーや家族のお祝い、感謝の気持ちを込めてピンクの胡蝶蘭であなたの愛を表現してみてはいかがでしょうか。

 

カシマ洋蘭園では、「ピンク」「ミックス(紅白)」の胡蝶蘭もご用意していますので、ぜひ見ていってくださいね♪