に投稿

胡蝶蘭にはどんな種類がある?サイズ・色・値段などプレゼントで重視すべき要素とは?

「胡蝶蘭をプレゼントに贈りたい」とはいえ、
・そもそも胡蝶蘭にはどんな種類があるかわからない
・種類を知ったとしてもどれを選ぶべきかわからない
という方も多いと思います。

ギフトやプレゼントで贈ることの多い胡蝶蘭は、慣れていなければ詳しく知らないのも当然です。

この記事では、そんなプレゼントに贈る胡蝶蘭の種類に関するお悩みを解決していきます。

具体的には、
・胡蝶蘭のサイズ別の種類
・胡蝶蘭の色別の種類
・胡蝶蘭の値段別の種類
・胡蝶蘭を贈るときに気をつけたいポイント
の順に重要なところを説明します。

2分くらいで簡単に読めて、贈る胡蝶蘭をスムーズに選べるようになる可能性が高いので、ご一読ください。

1.胡蝶蘭のサイズ別の種類とは?魅力とおすすめのシーンまで紹介

一口に胡蝶蘭と言ってもサイズによってかなり印象が異なります。それぞれの魅力やおすすめシーンを確認しましょう。

1-1.存在感と豪華さが魅力の大輪系は、開店・開業祝いなどにおすすめ

一般的によく見ることが多いのは、大輪系の胡蝶蘭のはずです。花のサイズは13cm〜15cmと大きめで存在感や豪華に見えるのが魅力的。

賑わっていることを演出できるため、開店・開業祝いなどにぴったりです。

1-2.色鮮やかで場所をとらない中輪系は、会社や小規模のお店におすすめ

中輪系はピンクなどカラフルな色合いが美しいです。花のサイズは6cm〜12cmと大輪系と比べ小さめ。鉢のサイズもそこまで大きくならないことが多いので、会社や小規模のお店にもおすすめです。

1-3.可愛らしく持ち運びのしやすいミディは、誕生日プレゼントなどにおすすめ

胡蝶蘭のミディサイズは、小ぶりでとても可愛らしいところに魅力があります。花のサイズは3cm~6cm程度と、一般的にイメージする胡蝶蘭より非常に小さいです。

場所を選ばずに飾ることができるので、誕生日プレゼントやなどに人気があります。

1-4.小輪で気軽に飾れるマイクロ胡蝶蘭は、ご自宅用などにおすすめ

マイクロ胡蝶蘭は、ミディよりさらに小ぶりで手のひらサイズです。初心者でも簡単に育てられるのも魅力的。気軽にテーブルなどに飾ることができるので、自宅用に購入する方も多いものです。

ちょっとしたプレゼントにも最適でしょう。

2.胡蝶蘭の色別の種類とは?特徴やおすすめのシーンまで紹介

胡蝶蘭と聞いて白をイメージする方も多いと思います。しかし、実は他にも様々な色の胡蝶蘭があるのです。それぞれおすすめのシーンが異なりますので、確認しておきましょう。

2-1.定番の白は清純なイメージがあり、お祝いや法事などあらゆるシーンに最適

見かけることの多い白い胡蝶蘭には、清純で上品な印象があります。そのため、お祝いなどのあらゆるシーンに最適です。

法事やお彼岸などのシーンにおいても白い胡蝶蘭を選んでおけば間違いないでしょう。

2-2.華やかな色合いが人気のピンクは、母の日など女性に贈るシーンにおすすめ

ピンクの胡蝶蘭は華やかで可愛らしい印象が特徴です。そのため女性に贈ると喜ばれるでしょう。母の日に贈るのも良いですし、男性が想いを寄せる女性に贈るときに選ばれることも。

品もあるので、「あなたを大切にしている」という気持ちがしっかり伝わるでしょう。

2-3.紅白に近い色合いの赤リップは、お祝い事全般におすすめ

白い花の中心が赤くなっている赤リップという種類もあります。紅白に見えるため、お祝い事全般に最適です。カラフル過ぎないので、ある程度かしこまった場でも問題ありません。普通とは違ったものを好む人にはとくに喜ばれるはず。

2-4.黄色やオレンジなどカラフルな胡蝶蘭は、会社のカラーがある場合におすすめ

色を吸わせたり、色を塗ることでカラフルな胡蝶蘭を作ることもできます。取引先などのイメージカラーがある場合、合わせて贈ると喜ばれるでしょう。

会社であれば他社からもらった胡蝶蘭と差別化して、自社を印象付けることもできるはず。単純に珍しくて綺麗なので、選択肢に入れてみるのも良いかもしれません。

3.胡蝶蘭の値段別の種類とは?立ち数やおすすめのシーンを紹介

胡蝶蘭は、立ち数によって値段に幅があります。シーンによって相場は異なるので、確認しておくと良いでしょう。

3-1.約1万円台の2本立ては、誕生日などの気軽なプレゼントにおすすめ

予算が1万円台であれば、2本立ての胡蝶蘭を選ぶことができます。胡蝶蘭の中ではリーズナブルなので、気軽なプレゼントにおすすめです。例えば誕生日や引っ越し祝いなどに最適でしょう。

3-2.約2万円台の3本立ては取引先の祝い事など、どんなシーンにも最適

約2万円予算が取れるのであれば、3本立ての胡蝶蘭を購入できます。3本立ては大きさも程良く、多くのシーンに合わせることが可能です。迷ったら3本立てを選ぶと無難でしょう。

例えば取引先の祝い事や社内の昇進祝いにもぴったりです。

3-3.約3万円以上の5本立ては、社長就任祝いなど特別なときにおすすめ

予算が3万円以上あれば、5本立ての胡蝶蘭を選択することもできます。3本立てが一般的なので、それと比べ非常に豪華な印象を与えます。そのため大事な人や、特別な行事のときにはぜひ5本立てで祝いたいところです。

例えば社長の就任祝いや、会社の上場祝いなどに良いでしょう。

4.胡蝶蘭を贈る際、とくに気をつけたいポイントとは?

プレゼントする胡蝶蘭が決まったら、贈る際に気をつけたいポイントを確認しておきましょう。

4-1.相手の置くスペースと胡蝶蘭の大きさ

胡蝶蘭は、ある程度大きなものが多いです。そのため、相手が胡蝶蘭を置くスペースがきちんとあるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

例えば狭い部屋に大き目の胡蝶蘭を置くことになってしまうと、部屋を窮屈な印象にしてしまいかねません。相手が飾るところまでしっかり想像して選ぶと良いでしょう。

4-2.胡蝶蘭を贈るタイミング

開店祝いや引っ越し祝いなどでプレゼントをする場合は、胡蝶蘭を贈るタイミングに気をつけましょう。とくに開店祝いについては、相手がバタバタと忙しいことも多いでしょう。

開店当日に贈ると、配置まで考える余裕がない可能性があります。事前に都合の良い日程を教えてもらうか、落ち着いてからプレゼントすると良いかもしれません。

4-3.シーンにより適切な色の胡蝶蘭を贈る

シーンによっては胡蝶蘭の色を気をつけましょう。とくに法事などでカラフルな物を選んでしまうと場違いですよね。マナー違反にならないか意識して色を選択すると良いでしょう。

4-4.相手が他にも胡蝶蘭をもらうであろうシーンでは値段の相場を気をつける

会社の祝い事で胡蝶蘭を贈る場合、相手の会社は他の会社からもらっていることも考えられます。基本的に胡蝶蘭は、会社の玄関先などに並べられるのが普通です。

そのときに極端に小さく値段のリーズナブルなものを選んでいると、自社の印象を落としててしまいかねません。

多くの人がプレゼントをすることが考えられる場合には、値段の相場を意識しましょう。

胡蝶蘭の種類はシーンや相手のことを考えて選ぼう

長くなりましたので、まとめです。
①胡蝶蘭のサイズ別のおすすめシーンは、
・大輪系は開店・開業祝い
・中輪系は会社や小規模のお店の祝いごと
・ミディは誕生日プレゼント
・マイクロはご自宅用
②胡蝶蘭の色別のおすすめシーンは、
・白はお祝いごと全般や法事
・ピンクは母の日など女性に贈るとき
・赤リップはお祝いごと全般
・カラフルな胡蝶蘭は、会社のカラーがある場合
③胡蝶蘭の値段別のおすすめシーンは、
・約1万円台の2本立ては、気軽なプレゼント
・約2万円台の3本立ては、取引先の祝い事
・約3万円台の5本立ては、社長就任祝い
④胡蝶蘭を贈る際、とくに気をつけたいポイントは、
・胡蝶蘭を贈るタイミング
・シーンに適切な色
・値段の相場

以上のことを考えて、適切な種類の胡蝶蘭をプレゼントできるようにしましょう。