に投稿

胡蝶蘭と風水の関係性とは?おすすめの置き場所から方角まで解説!

風水について「家の中の家具などの配置によって運気が上がったり下がったりする」と認知しているかたは多いと思います。

お花である胡蝶蘭と風水、いったいどのような関係があるのでしょうか?

また、置き場所など風水的になにか気をつけることはあるのでしょうか?

今回は胡蝶蘭と風水の関係について紹介します。

1.風水と胡蝶蘭はどういう関係がある?

風水というのは「衣食住や行動など、自分のまわりの環境を使って運を開いていこう」というものです。

風水と胡蝶蘭、いったいどのような関係性が?と思われる方もいるかもしれませんが、胡蝶蘭の花言葉には「幸福が飛んでくる」という花言葉もあるため、胡蝶蘭は風水の運気をアップさせることができるお花であるといわれています。

2.風水的にもっともおすすめの置き場所は玄関

玄関は風水において一番重要視されている場所です。

玄関にお花を置くことで良い気が流れるだけでなく、悪い気も吸い取るとされています。つまり、玄関に「幸福が飛んでくる」を置くことでより運気が上がることが期待できます。

また胡蝶蘭は直射日光を苦手としており、カーテンレース越しに日の光を当てるのがベストなため玄関は胡蝶蘭をちゃんと育てる上でもおすすめの場所と言えます。

生育に関する胡蝶蘭の置き場所について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

胡蝶蘭の適切な置き場所を解説!

3.胡蝶蘭の色と方角の関係

玄関に置くのがいいというのがわかりました。加えて風水には方角や花の色などもとても運気に関わってきます。

各方角においてどのような色の胡蝶蘭がいいのか紹介します。

北にはピンクかホワイト

北は貯金や財産に関わる「財運」を司る方角。

この方角をキレイに掃除することで、金運をアップさせることができると言われています。

暖色であるピンクの胡蝶蘭は特に相性が良く、次に白の胡蝶蘭も合うとされています。

北東にはホワイト

北東は「健康運」に影響を与えます。

非常に神聖な方位ですので、ホワイトとはとても相性が良いです。

特にこの方角は、不衛生にしておくと良くないので、常に掃除を心がけるようにしましょう。キレイにしておくことで「健康運」だけでなく、転職や相続の運気も上がるとされています。

ホワイトは代表的な胡蝶蘭のカラーなので、お店などでもっともよく見かける色になります。

東にはブルーかピンク

日が昇ってくる東の方角は、仕事運を左右するとされている方角。

仕事運をアップさせたい方は、東の方角にピンクかブルーの胡蝶蘭を設置しましょう。

また、ピンクを置くと活力を上げることができるともいわれています。

ブルーの胡蝶蘭は非常に希少で流通している数も少ないです。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

とっても希少な青い胡蝶蘭!その理由や花言葉を解説

 

南東にはピンク

南東は「恋愛運」や「結婚運」をはじめとした、人間関係の運気に影響を与える方角。

ピンクは特に相性が良く、きれいに整頓しておくことも心がけましょう。

南にはグリーン

南の方角が影響を与えるのは、「才能」や「美しさ」、「人気」など才能運。才能運は仕事や恋愛にも関わってくる運気です。

グリーンの胡蝶蘭に「グリーンアース」という希少な品種がありますが、胡蝶蘭の葉はグリーンなため花の色は気にしなくても大丈夫です。

南西にはイエローかパープル

南西は、主に「家庭運」を左右する方角。

母性の運気にも影響しますので、イエローかパープルの胡蝶蘭を置いて、円満な家庭を築きましょう。ちなみに、緑もラッキーカラーですので、胡蝶蘭の葉とも相性が良いとされています。

西にはイエロー

西側は「金運」を最も大きく左右する方角なので、イエローの胡蝶蘭を起きましょう。

ポジティブなムードを演出してくれるカラーなので、お部屋の雰囲気を明るくしたい方にもおすすめです。

北西にはホワイトかベージュ

北西は高級感を好む傾向があり、出世運や勝負運に影響を与えている方角。

胡蝶蘭と一番相性のいい方角とされ中でもホワイト、次にベージュの胡蝶蘭と相性がいいです。

別名では主人の方角とも呼ばれ、特にご主人の運気に影響するといわれています。

こちらも神聖な方角で、結果的に家族全体に繋がってくるためこちらの方角は常にキレイにしておくことを心がけましょう。

まとめ

胡蝶蘭と風水の関係性について解説しました。

胡蝶蘭は運気をあげるにはうってつけのお花なのでぜひ、置き場所を考える際に参考にしてみてはいかがでしょうか。