に投稿

胡蝶蘭の色ごとに持っている花言葉は?色ごとのおすすめシーンも解説!

_78900098_M

胡蝶蘭にはよく見かける白色のほかに、さまざまな色があります。

この記事では胡蝶蘭の色ごとの花言葉や、おすすめシーンについて紹介します。

1.胡蝶蘭と胡蝶蘭の色ごとに持っている花言葉の意味

1-1.胡蝶蘭自体がもっている花言葉

胡蝶蘭自体がもっている花言葉には「幸福が飛んでくる」「純粋」という花言葉を持っています。

胡蝶とはチョウを意味しており、胡蝶蘭の花の形からチョウが舞うイメージが幸福が飛来する様子を連想させることから、そのような花言葉がつきました。

胡蝶蘭自体に縁起のよい花言葉があるため、贈答用としても広く用いられているのです。

1-2.胡蝶蘭の色ごとがもつ花言葉

胡蝶蘭には現在、白色・ピンク・青・紫・黄色・リップ系の色があります。

それぞれの色ごとのもつ花言葉を紹介します。

白色の胡蝶蘭

一番人気でもっともよく目にする胡蝶蘭が白色の胡蝶蘭です。

白色の胡蝶蘭の花言葉は「清純」や「純粋」などの花言葉があります。

大輪の白色の胡蝶蘭は、冠婚葬祭や開店祝いなどでも定番の一つ。

どのようなシーンでも贈れる色のため、とりあえず色で迷ったときは白色を選んでおけば間違いはありません。

ピンクの胡蝶蘭

ピンクの胡蝶蘭がもつ花言葉は「あなたを愛しています」という意味をもっています。

華やかな色合いから女性に人気のある色です。

男性が女性に胡蝶蘭を贈るのはもちろん、最近では母の日のプレゼントなどにもピンクの胡蝶蘭は人気です。

_66337854_M

黄色の胡蝶蘭

黄色の胡蝶蘭自体に花言葉はありませんが、「黄色」という色が幸福を意味しています。

また「商売繁盛」といった意味もあるため、開業・開店祝いなどのシーンではとても喜ばれる色の一つです。

Phalaenopsis orchids flowers

青・紫・リップ系の色に花言葉はない

青・紫・リップ(赤白)系の胡蝶蘭には個別に花言葉はありません。

ただ黄色の胡蝶蘭のように各色が持つイメージと胡蝶蘭そのものが持つ花言葉を合わせた意味を込めて、贈られることが多いです。

2.胡蝶蘭の色ごとのおすすめシーン

2-1.白色の胡蝶蘭はどんなシーンにもおすすめ

白色の胡蝶蘭はシーンを選ばず、最も幅広い用途で用いられています。

花言葉の「清純」という言葉から、結婚式に用いられるイメージがあるかもしれませんが、日本では結婚式のみならず冠婚葬祭や開業祝いなど、どのシーンへの贈答としても白色の胡蝶蘭であれば間違いありません。

とりあえず色選びに困ったときは白色を選んでおくのが無難と言えます。

2-2.女性へのプレゼントにおすすめのピンクの胡蝶蘭

ピンクの胡蝶蘭は女性へのプレゼントとして人気です。

恋人への告白やプロポーズ、奥様への感謝の贈り物としておすすめです。

近年では、母の日の贈り物としてもピンク色の胡蝶蘭が人気のため、なにを贈るか迷われている方はピンクの胡蝶蘭を検討してみてはいかがでしょうか?

2-3.開業祝いなどにおすすめの黄色の胡蝶蘭

黄色は「幸運」や「金運」、「商売繁盛」というイメージがもたれる色です。

そのため開業祝いや開店祝いなど、ビジネスの門出に際し贈られることが多い胡蝶蘭の色となっています。

2-4.長寿のお祝いには紫の胡蝶蘭

紫という色は、90歳になったことを祝う卒寿(そつじゅ)の色でもあるため、敬老の日や長寿のお祝い、目上の人への特別な贈り物に選ばれるケースが多いです。

また、平安時代から紫は高貴な色というイメージがあるため、贈り先のイメージに合う場合も適しています。

2-5.紅白で縁起のいい白赤リップの胡蝶蘭

白い花びらに赤リップの胡蝶蘭は紅白カラーなのでとても縁起のいい色です。

またリップの赤色が華やかな印象で、白色の胡蝶蘭では物足りない場合におすすめの色でもあります。

2-6.珍しさから喜ばれる青の胡蝶蘭

青の胡蝶蘭は流通数も非常に少なく、また目にする機会もほとんどない希少性の高い色の胡蝶蘭です。

希少性の高さから、青色が企業のイメージカラーなどになっている場合は喜ばれること間違いなしな色となっています。

3.贈り物に胡蝶蘭を贈る際に知っておきたい豆知識

3-1.贈答用として贈られる胡蝶蘭の80%は白色の胡蝶蘭

白色の胡蝶蘭はどのシーンにも贈れるギフトとして人気なため、贈答用として贈られる胡蝶蘭の80%は白色の胡蝶蘭と言われています。

また、生産数も多く品質も他の色に比べ安定しているのもポイントといえるでしょう。

色に迷ったときは、白色の胡蝶蘭を選べば間違いないでしょう。

3-2.開業・開店祝いやお悔やみに赤色の胡蝶蘭はNG

赤色が「赤字」や「火事」「血」など、ビジネスや人生の門出において望ましくない出来事をイメージさせるため、開業祝いや開店祝いなどのビジネスの門出、新築・改築祝いなど新しい建物を作った際のお祝いに赤色の胡蝶蘭を選ぶのは基本的にNGです。

基本的にはNGなのですが、贈り相手が赤色が好きなどの例外もあります。

ただし、あらゆる宗教・宗派において赤色など濃い色の花はふさわしくないとされるため、お悔みのお花として赤い胡蝶蘭を贈るのは絶対にNG。お悔やみの際は白色の胡蝶蘭を選びましょう。

まとめ

この記事では胡蝶蘭の色ごとの花言葉や、おすすめシーンについて紹介しました。

色ごとに適したシーンや中には贈ってはいけない場面などもあるので、贈るシーンや相手に合わせて喜ばれる色を選んでみてください。