に投稿

開店祝いに贈るお花は3種類だけ!選び方のポイントと相場も解説

友人や知人が自分のお店を開いて、開店祝いにお花を贈りたいなと思った時、「パッと思いつくのは胡蝶蘭だけど、本当にそれでいいのかな?」「他にも良いお花はないかな?」と悩んでしまうもの。

せっかくのお祝いだから、雰囲気で決めるんじゃなくてちゃんと選んで贈りたいですよね。

そこでこの記事では、開店祝いにおすすめのお花や品種、気になる相場の価格までをまとめてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

\開店祝いに胡蝶蘭を検討されている方はこちらも併せてご確認ください!/
開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由★マナーやオススメ胡蝶蘭も解説

1. 開店祝いにベストなお花は3種類!カラー・相場のオススメも紹介

開店祝いにこそ贈りたいおすすめのお花と、品種の特徴、相場の価格についてまとめてチェックしてみましょう!

1-1. スタンド花・フラワーアレンジメント

スタンド花は、街中でも新店舗オープンなどでたまに見かける、三脚のような足の上に円形のフラワーアレンジが乗っている装飾のこと。フラワーアレンジメントは様々な形がありますが、自立した容器の中に色んなカラーの花を装飾したものです。

どちらも独立でお店の前や、フラワーアレンジメントはサイズによっては店内にも飾れて、華やかな印象を作ってくれます!また、スタンド台やバルーンに活けられたテイストの種類が多く、センスと個性を活かしながら選べるメリットがあります。

<選び方のコツ・ポイント>
お店の雰囲気にあっていれば基本的にどんなお花でも大丈夫なのですが、スタンド花の場合はホワイトカラーがメインになると供花(お悔やみの花)のような雰囲気が出てしまうことがあるので、なるだけイエローやピンクなどカラフルなものを選びましょう。

<情報>
スタンド花・フラワーアレンジメントの相場:10,000円~25,000円
花持ちの期間:およそ1週間

1-2. プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、本物のお花を特殊な液につけて水分を抜いたお花のことです。押し花のように水分を飛ばしているため、枯れることがなくきれいな状態で数年間も楽しむことができます。

開店祝いで贈るケースは多いわけではありませんが、例えば華やかな雰囲気が大事な美容室やサロンなどでは、そのままインテリアとしても活用できるので、喜んでもらいやすい贈り物です。

<選び方のコツ・ポイント>
プリザーブドフラワーは基本的に華やかなカラーのばかりなので、お花の点では特に意識せず相手に喜んでもらえそうなものを探して大丈夫です。唯一気をつけるとすると、特徴的なラッピングや装飾が施されているものが多いので、脚の部分が特殊で置く場所が限られたり不安定そうなものは避けたほうが無難でしょう。

<情報>
ブリザーブドフラワーの相場:3,000円~10,000円程度
花持ちの期間:5年ほど

1-3. 胡蝶蘭

開店祝いに最も贈られるといっても過言ではない定番のお花が胡蝶蘭ですね。

「幸福が飛んでくる」という、開店祝いにふさわしい花言葉が伝えられています。またたくさんの種類やカラーがある胡蝶蘭は、鉢植えのタイプの商品をピックアップすると、「根付く=市域に根付く」という意味もあり、とても縁起が良いので安心して贈ることができるのが大きな魅力です。

<選び方のコツ・ポイント>
お祝い用のお花としては、歴史・信頼があるので特段選び方を基にしなくても失敗はないのですが、もし気をつけるとしたら、贈り先と発送元が離れすぎていないか。という点です。
特に胡蝶蘭は寒さに弱い品種なので、冬のお祝いのときには注意しましょう。

<情報>
胡蝶蘭の相場:10,000円~30,000円
花持ちの期間:1ヶ月~3ヶ月
育ててあげれば二度・三度と花をつけてくれ、10年以上も楽しめるお花です。

2. 番外編

2-1. 観葉植物

開店祝いには、豪華で鮮やかなフラワーのギフトばかりではなく、ナチュラルでお店の邪魔をしない観葉植物を選ぶ人もとても多く、パキラやドラセナといった力強い印象の観葉植物が好まれます。

オフィスでもお店でも、緑があるとストレスや緊張が緩和される癒やし効果があるので、相当かぶることが無い限りは喜んでもらえる開店祝いの1つです。

またお祝い用の観葉植物は、基本的に力強い品種が多いので、あまり管理の負担もなく長い期間楽しめるのも魅力ですね。

<選び方のコツ・ポイント>
観葉植物には、「協力」「努力」といった、開店祝いにベストマッチした花言葉を秘めた品種が多いため、どのタイプを選んでも失敗しづらいメリットがあります。

<情報>
観葉植物の相場:5,000円~15,000円
花持ちの期間:半年から数十年

2-2. ブーケ

ブーケを開店祝いのギフトとして贈る場合は、花瓶がないと飾れないこともあるため、花瓶を一緒にプレゼントとして添える方法もおすすめ◎

数々のお花が密着したブーケは、小ぶりなサイズなのに立体感やボリュームがあるため、店舗内のオフィスに飾って楽しむ人も増えているそうですよ。

ブーケは、数ある開店祝いにおすすめのお花の中でも、比較的リーズナブルな価格で購入することができるため、あまりコストをかけられない人にもチェックしておきたい種類となっています。

<選び方のコツ・ポイント>
特に無し

<情報>
ブーケの相場:3,000円~15,000円
花持ちの期間:1日から3日程度(夏場はさらに日持ちが短くなりやすい)

3. 開店祝いのお花を贈るお店の選び方!

開店祝いにふさわしいお花は、市販・通販ともにたくさんのラインナップがあるため、どんな店舗で選んだら良いのか、悩んでしまうことも多いでしょう。

ここではできるだけ時間をかけずに、贈るあなたも相手も感動できるお花を選ぶため、お店選びのコツについてご紹介しましょう!

3-1. 目的や予算に合ったギフトがあるか

開店祝いに贈りたいお花のデザインやテイストをイメージしながら、予算を大まかに決め、そこから市販・通販サイトのネットリサーチをはじめてみましょう。

数々の店舗やサイトの特徴を見比べているうち、他にはないメリットなどを差別化できるようになったり、イメージしていた予算よりももっとオトクに購入できる可能性も!

また、開店祝いのギフトは、立て札やメッセージカードを添えることが基本的なマナーになっているので、どんな種類の商品があるのか、相手のココロを動かす例文なども、一緒にチェックしておきましょう。

3-1. 配送に関しての情報をチェックする

猫 配送

開店の前日または当日どちらにお花を届けるか予定を決め、配送にどのくらいの時間がかかるのか、店舗やサイトの情報をくまなくチェックしてみましょう。

開店祝いのお花を贈るタイミングもとても重要なポイントとなっていますので、店舗やサイトの情報リサーチをしながらも、実際に電話や問い合わせメールをしてみるステップも必要かもしれませんね◎

~おわりに~

店舗にかかわりのあるすべての人にとって、特別な日となる開店祝い。

開店祝いの当日は、あなたが選んだステキなフラワーギフトで、新しい門出の一日を、大切な相手と充実・楽しみながら過ごすことができると良いですね♪

\開店祝いに胡蝶蘭を検討されている方はこちらも併せてご確認ください!/
開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由★マナーやオススメ胡蝶蘭も解説