に投稿

贈り物としていただいた胡蝶蘭。ラッピングは外してもいいの?

贈り物としていただいた胡蝶蘭にはラッピングや保護のための薄い紙がついています。

それらのラッピングや薄い紙、はたしてそのままでもいいのでしょうか?

それとお外したりしたほうがいいのでしょうか?

今回は贈り物としていただいた胡蝶蘭のラッピングの扱いについて説明します

1.ラッピングのついた胡蝶蘭はどうすれば?

1-1.ラッピングは外したほうがいい

贈り物としていただいた胡蝶蘭のラッピングは外しましょう。

贈答品としては嬉しいのですが、ラッピングされた状態で水を与え続けると水が溜まって根腐りを起こす原因ともなります。

胡蝶蘭のためには届いたその日にラッピングを外してあげるのが一番いいのですが、せっかく綺麗にラッピングされているものを外してしまうのは、少しもったいない気もします。

実は胡蝶蘭の根は湿気に弱い一方、乾燥に強いです。そのため胡蝶蘭の水やりは鉢の中を完全に乾燥させてからでも問題なく水やりの頻度は1週間に1度や10日に1度でも大丈夫です。

胡蝶蘭の水やりや根腐れについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

葉がしおれ、根が黒い!?胡蝶蘭の根腐れと対処法を解説

胡蝶蘭の水やりのポイントは?季節ごとや注意点も解説!

そのためラッピングは一番最初の水やりの時点で取り外せば大丈夫です。

1-2.それでもラッピングを外したくない場合は

それでもラッピングを外してしまうのはもったいないと感じる場合は以下の2つの方法を紹介します

紙類を外してリボンを掛け直す

ラッピングされた紙類は外して、リボンだけまた掛け直すのがおすすめです。

リボンだけでも可愛いので、飾っておくのには十分です。またペーパー類を外してもリボンが掛けてあれば、プレゼントでいただいたものだということも分かります。

鉢底のラッピング部分に穴をあける

コチョウランの鉢底のラッピング部分にカッターナイフ等で穴をあけ、切り取ります。

こうすることで、見た目上はラッピングをしたままですが通気と排水を確保し根腐れを防ぐことができます。

当然ですが、水やりする時は穴をあけた部分から水が出ますので、受け皿等を準備してから水やりをしましょう。

まとめ

ラッピングされた胡蝶蘭の扱いについて紹介しました。

ラッピングはとてもきれいなものではありますが、根腐れの原因となってしまうので可能であれば水やりの前には外すことをおすすめします。