に投稿

移転祝い・創業祝い・開店祝いにおすすめの胡蝶蘭の選び方

カシマ洋ラン園では、長年洋ラン園を続けてきて、 さまざまなお客様からご相談をお受けしてきました。

「友人が開業したので花を贈りたいが、オフィスが広くないので、あまり大きなものは贈り辛いが、かといって小さすぎるのもどうかと悩んでいる」 といった、場所を取らないかといった悩みから、 「先輩がセラピストとして独立開業したのですが、仕事柄香りのあまりしない花を贈りたい」 といったものなど。

そこで、ケース別の開業、移転祝いにおすすめな胡蝶蘭をご紹介します。

法人のオフィスへ贈るケース

オフィスへ贈る場合は、お送り先の企業様のオフィスの規模を少し意識して、サイズをご検討されるのが良いかと思います。

私達のお客様で相談のあったケースとしては、
従業員5名の場合で、そこまで大きくないサイズだけれども、
色を変えて華やかな胡蝶蘭をお送りされる方が多いです。

ただ、まだ創業間もない場合ですと、慌ただしいはずなので、
お受け取り確実な日時、お時間を事前に確認するのが良いでしょう。

従業員30名の場合などは、ある程度ボリュームのあるサイズで良いかと思います。

大きな会社の場合などは、あまりサイズは気にされなくてよくとも、
どなた宛にお送りするかなど、事前に確認された方が無難です。

基本的にオフィスの前に並ぶになるので、なるだけ個人名は入れずにご用意するのが良いでしょう。

個人経営のカフェのケース

カフェのイメージによっては、こだわりがある場合は、プランターの装飾に気を使う方がよいでしょう。

また、飲食の場合は香り弱い品種を贈るようにする方が良いかと思います。

接客業の場合は、配達がお客様がいらっしゃると想定される日時に届かないように、
開店日前の都合がよい日時に贈るようにしましょう。

サロン系のケース

清潔感がある方がよいので、白で、
プランター(?)も白など、お店の雰囲気を壊さないものをお送りできると良いです。

接客業の場合は、配達がお客様がいらっしゃると想定される日時に届かないように、
開店日前の都合がよい日時に贈るようにしましょう。

お悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください

カシマ洋ラン園では、お客さまのご要望に合わせた胡蝶蘭のコーディネートや、オーダーメイドでの胡蝶蘭のご用意も承っております。

あまり花を贈ることも多くない時代ですので、胡蝶蘭を検討されるときにもさまざまなお悩みがあるかと存じます。

そんなお悩みの一助になれればと考えていますので、お気軽にご相談くださいませ。